皆さんの知らない二重まぶた手術の世界2

二重まぶた手術を行なうと、場合によってはその直後から、まぶたの裏側に糸が露出していることによる結膜側の眼科的問題が指摘されることがあります。即ち露出した糸は数日のうちに結膜下に埋まってしまいますが、しばしば糸が瞼板面に露出しっ放しの状態になってしまうことがあります。その結果、眼ヤニが出てしまったり、或いは目がゴロゴロするといったような感じが有ります。言わば異物感等の、所謂角膜刺激症状が発生することになります。このように説明するとちょっと難しくなってしまう嫌いがあるので、敢えて簡単に言えば、二重まぶた手術の後で、目の違和感が残ってしまう、ということでしょうか。
こうした角膜刺激を和らげるために、この瞼板固定法を採用している美容外科、クリニックでは、点眼薬や抗生物質の内服薬を二重まぶた手術後の一週間ほどは二重まぶた手術を受けた患者に対して必ず処方しています。また露出した糸による瞼板の異物肉芽腫、慢性炎症による充血、変形、線状瘢痕が生じ、これらも目の角膜に悪影響を及ぼす結果となります。そこで以前は糸が瞼板面にかなり露出する手技を行っていた美容外科医も、最近では露出する糸を少なくするようになってきました。また二重まぶた手術を受けてから数年、或いは10数年も経てから、まぶたの裏側に糸が浮いてきたため、その結果糸の摘出を余儀なくされた人もいます。こうして見ると場合によっては、二重まぶた手術を経てからかなり長い時間を経過しても、それでも二重まぶた手術で生じた不都合を処理しなければならなくなっているのです。しかし、現在でも多くの美容外科、或いは美容外科クリニックでは瞼板固定法による埋没法が行われていて、たとえ糸が瞼板面に多少露出していても、これを問題視することは少ないようです。しかし、本来眼球にとって瞼板は生理的に重要な組織です。従って瞼板はその本体に二重まぶた手術の操作を及ぼしてはならない非常にアンタッチャブルな部位と考えられています。従ってもしも他に適切な方法がないというのなら止むを得ませんが、二重まぶた手術の過程で結果的に角膜を傷つける恐れのある瞼板固定法は、できることなら避けたほうがいいのかもしれません。

一方、先に少しだけ挙げた挙筋固定法の場合、その長所として糸の掛け方が二重まぶたの解剖学的状態に近似していること、結膜下に糸を埋入するため角膜に対する影響が少ないこと等といった長所があります。逆に欠点としては、動脈を損傷し眼瞼血腫を作り、その結果著しい腫れをきたす結果になりやすいこと、或いは開瞼調節機能を担うミュラー筋と呼ばれる筋への影響があり、一時的眼瞼下垂をきたしやすいこと、瞼板のような支持組織がなく、きつ過ぎることがなく、かと言って緩過ぎることもなく、まさに丁度いい程度での締め方で結紮することが難しく、常に良い結果を得にくいことがあります。また強く結紮してしまうと、瞼板上縁が容易に陥凹変形すること等が挙げられます。いずれにせよ長所と短所が混在し、簡単でないのは確かです。

『二重まぶた手術 病院』 最新ツイート

"

注目サイト

草加のデリヘルに問い合わせ

2017/5/31 更新

"