皆さんの知らない二重まぶた手術の世界1

どんな手術にしても、全く安全であって危険がない、リスクが全くない、といったことはありません。それは美容外科、クリニック等で行なう所謂二重まぶた手術にしても同じことが言えます。何れの方法で二重まぶた手術を行なうにせよ、必ずやリスクといったものはあります。従ってもしも美容外科やクリニック等で二重まぶた手術を受ける場合には、そうした二重まぶた手術に伴う一定のリスク、危険等についても予め理解しておく必要があります。そのことは二重まぶた手術を受ける患者がよく理解しておかなければなりません。二重まぶた手術を受けようと思っている人は、そうしたリスクを理解したうえで、二重まぶた手術を受けるかどうか、二重まぶた手術を受けるとしたらどういった方法で受けるのか、を考えて決める必要があるのです。勿論二重まぶた手術を受けた後で起こりかねないことについて知っておく必要が有ります。
二重まぶた手術の方法の一つに、埋没法と呼ばれる方法が有ります。この埋没法で二重まぶた手術を行なう場合には、その糸の処理が後で問題になる、と言ってもいいでしょう。埋没法による二重まぶた手術では糸を使います。これは言い換えれば、糸を使ってまぶたの部分を必要に応じて縫いこむことである、とも言えます。この埋没糸は現在はナイロンで作られていることが多いようです。ですが糸がいくら細くて尚且つ人体に無害な物質で作られている、といっても所詮人体にとっては異物であることは変わりありません。人体には本来人体にないものが入ってくると、それを拒絶、拒否しようとする性質が有ります。また埋没法に使う糸がその後劣化、変性してしまうこともあります。これも埋没法で二重まぶた手術を行なう場合に問題となる事柄です。
上で既に二重まぶた手術、埋没法といった言葉を紹介しましたが、この埋没法による二重まぶた手術は現在、日本で最も普及している美容外科、美容整形手術の一つです。埋没法の宿命的な欠点は、「元に戻る。」という可能性があることです。この「元に戻る。」とは、言い換えれば折角二重まぶた手術で出来上がった二重瞼のラインが後で消失するという可能性があることです。このことは言わば埋没法では避けられない宿命である、とも言っていいでしょう。こうした問題に対処するために、埋没糸の掛け方、本数、糸の位置などの異なる術式がこれまでに数多く報告されてきました。そして結膜側での糸の掛け方に関しては、瞼板に通糸する「瞼板固定法」と、それに眼瞼挙筋に通糸する「挙筋固定法」の二通りが従来から行われてきました。ここではそんな糸の掛け方について、少しだけ詳しく触れてみたいと思います。

瞼板固定法については、これを一か所で行う方法、所謂一点法と呼ばれる方法が、「クイック法」とも宣伝され、一般的に広く普及しました。瞼板固定法の長所に関して言えば、手術手技が単純である、腫れが少なくて済む、それに瞼板という支持組織を利用するので強く糸を結んでも常に同じような成果が得やすい、といったこと等があります。勿論長所もあれば欠点もあります。一方で欠点としては、二重まぶた手術の直後より、まぶたの裏側に糸が露出していることによる結膜側の眼科的問題が指摘されています。即ち露出した糸は数日のうちに結膜下に埋まってしまいますが、しばしば糸が瞼板面に露出しっ放しの状態になってしまい、その結果眼ヤニが出たり、或いは目がゴロゴロするといったような異物感等の、所謂角膜刺激症状が発生することになります。簡単に言えば二重まぶた手術の後で、目の違和感が残ってしまう、ということでしょうか。

『二重 リスク』 最新ツイート

@yuzuaji0116

だからと言って別に整形したいわけでもなく、二重にしたからって可愛くなるわけでもなくこんな性格で彼氏が出来るわけでもない。アイプチで事足りてるのにあえて失敗するリスクを背負ってお金をかけるのが嫌

1時間前 - 2017年07月25日


@futaeseikeibot

自力のプチ二重はリスク?! https://t.co/QlnvOYdb17

4時間前 - 2017年07月25日


@nao3biken

二重プチ整形は「整形」です。ダメというつもりはありませんが、相当なリスクが伴います。 リスクを冒す前に、二重まぶた用化粧品を試してみてはどうですか? 私のおススメはコレです(*^.^*) https://t.co/FkIJxvkIZK

7時間前 - 2017年07月25日